jun-style (お仕事備忘録)

事務員の備忘録、メモ。仕事において役に立つと思ったこと、気になったこと、とりとめもないことを無作為に記しています(´・ω・`)

ネット選挙解禁。選挙後の各候補者のウェブサイトの状況

      2013/08/21

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ネット選挙解禁。選挙後の各候補者のウェブサイトの状況
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ネット選挙解禁。選挙後の各候補者のウェブサイトの状況jun-style (お仕事備忘録)

今回の第23回参議院選挙(平成25年7月4日公示。同7月21日投開票)からネット選挙が解禁されましたね。 各候補者、ウェブサイトの充実はもちろん、twitterやらfacebookなどをつかっての選挙運動に力を入れていました。 そんな様子が、先日放映された、NHKのクローズアップ現代(2013年7月23日(火)放送・検証“ネット選挙”)では各候補のさまざまな取り組みとして紹介されていたのですが、主にネットによる選挙活動を行なっている元芸人やら、「ツイート力」で若者の心を掴み、脅威のリツイート数で支持を訴えていた新興政党の党首やら、その利用法は様々でした。 さて、選挙も終って。 各候補のウェブサイトがどんな感じなのか。あるいはツイッターやフェイスブックへの書き込みはどんな状態なのかちょっとのぞいてみました。 その結果・・・ さすが!って思った候補者もいれば、がっかりな候補者もいたりして。   ~(以下、熊本選挙区+@の場合)~  

よい感じ(;´∀`)

馬場成志(馬場せいし)自民党 〔当選〕  http://www.babaseishi.jp/   当選したから当然かな。という、すがすがしい内容。 読んでいて気持ちよくなります。恐らく、ネット担当スタッフが充実しているのでしょう。 今回の選挙では自民党県議の結束がすさまじく、仲間・同士としての意識がすごく強いのが感じ取れましたね。 新参議は県議会議長も経験され、県議の中でも政策通との評判ですし、郷土、熊本のために、国のために頑張ってほしいものです(;´∀`)        

よい感じ(;´∀`)

 松野信夫 民主党〔落選・次点〕
落選してもちゃんと報告。 さすがは衆参の議員を務めた方。 支援者にはきちんと礼を尽くされた感じ。 でも、落選を党のせいにしたのはちょっといただけないかな。公示前に、野田前首相を、投票日直前に菅直人元首相を招いての決起集会などを開いておいてそれはないかなという印象。 彼らを招くということで、わたしたち有権者とは温度差がずいぶんあるなぁと感じたものです。 きっと候補者陣営が想像している以上に、 有権者の前政権に対する目は厳しいものがありますよね。 でも、この松野候補。ベテラン議員であり、しかも、弁護士という肩書きから、笑顔のポスター写真とは違い、お堅い方というのを想像していましたが、本当に気さくで、フットワークも軽い、あの写真どおりの親近感のもてる方でした。残念ながら、民主党が政権を担当している状況下でありながら、目立ったご活躍はできなかったようですが、次回、野党の候補者という立場で、3年後リベンジして貰いたいものです。(3年後は、松村祥史参議が改選なので、これまた強敵だと思いますが・・・)   他の候補者(共産党、幸福実現党)は・・・ 熊本選挙区は自民vs民主の、事実上の一騎討ちだったためかサイト等が見当たらず(´・ω・`)  

ちょっと残念な感じ(;´∀`)

 本田顕子(本田あき子) みんなの党
 選挙区ではないけれど、地元関係で比例に出馬された方。 お父さんも議員さん(民主党の本田良一氏)。この本田良一氏、労組出身だったと思うけど、本人は「みんなの党」から出馬するあたりよほどポリシーがあるものとそのあたりは好感もてるところ。しかし、世襲ではないのアピールしてるのかと思いつつ、何かにつけては「父が・・・」というコメントだったり、お父さんが傍におられる光景をよく目にします(´・ω・`) 女性候補、医療関係(薬剤師さん)、勢いある「みんなの党」からの出馬、ということで期待してみたものの。 みんなの党らしさ(渡辺代表のイメージからくる)があまり感じられませんでした。 そして・・・・twitterやFacebook、そしてウェブサイトで積極的に選挙活動をしておきながら、選挙後のアクションは全くなし(3日後の7月24日現在)。 twitterにいたっては他者への中傷コメントで終っているし・・・。 ょっとがっかり。この候補、熊本出身だからということで、全国比例にも関わらず、熊本で積極的に選挙活動を行なっていました。だけど、選挙カーで場所もわきまえず(小学校、病院のちかくでも)、名前のみ連呼・・・って場面も多かったんですよね(´・ω・`) 頑張ってる様子はみてとれますし、薬剤師さんですし 、次も挑戦されるようなら、期待し、見守ってみたいところです。     ・・・・と、こんなところですが、 参議院熊本選挙区。選挙後に結果報告なり(感謝も)を述べる候補と何もしない候補と。。。 選挙戦だけツイッターやらウェブサイトを賑わわせて、(落選のショックか)選挙後は手のひら返しというのは印象悪いよね。と思ったのでちょっと書いてみたのでした(´・ω・`)読んでくれてありがとう :     追記:本田顕子さん、フェイスブックのほうは、7/25にちに更新されていました。よい感じのコメントでした(;´∀`)しかし、、、おせーよ(´・ω・`メ) でも、コメントは気持ちよかったので画像を載せておきますね 。

 - 政治・政局, 身近な話題(とりとめもない話)