jun-style (お仕事備忘録)

事務員の備忘録、メモ。仕事において役に立つと思ったこと、気になったこと、とりとめもないことを無作為に記しています(´・ω・`)

原本証明について(簡単なメモ、例文、雛形)

      2014/10/15

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 原本証明について(簡単なメモ、例文、雛形)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
原本証明について(簡単なメモ、例文、雛形)jun-style (お仕事備忘録)

 
さまざまな申請書類に添付する書類について、写しの提出を求められるケースは多くありますよね。 その際に、写しだけでは不十分、ということで、その写しが原本の写しに間違いないという証明書を別途「原本証明」として求められる場合があります。   ・法人の場合での定款 ・個人の資格証   等   資格試験を受ける場合、提出書類に写しだけでよい場合がほとんどですが、さらにその原本証明を求められる場合もあります(かなりめんどくさいものです。。。)  ※登記申請の際の「設立認証書」、「定款」、(理事の)「就任承諾書」、(設立時の)「財産目録」などは、さらに、原本も持参して、法務局の職員に原本とコピーの間で相違がないかどうかを確認してもらうという作業が伴います。
(⇒なんのための原本証明だか、という感じ。役人がさらに確認するのであれば、原本証明の証明者が事業所の長ではなくて、行政担当者とすればよいように思うのは私だけでしょうか。事業所の証明印を貰うためにはまた事業所内部でいくつものアクションをこなさねばならないでしょうしね。。)

(原本証明・例)原本と相違ないことを証明する平成25年8月28日事業所所在地: 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1-1-1 事業場名:(株)ネルフ 第3新東京市支店 事業所職名・氏名:所長 葛城 ミサト   (印)  

(証明書はこんな感じで、この内容を満たしていれば、書式は自由)

 - 未分類, 文例・語句・雛形