jun-style (お仕事備忘録)

事務員の備忘録、メモ。仕事において役に立つと思ったこと、気になったこと、とりとめもないことを無作為に記しています(´・ω・`)

心房細動[簡単なまとめ]

      2013/11/25

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 心房細動[簡単なまとめ]
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
心房細動[簡単なまとめ]jun-style (お仕事備忘録)

健康診断の結果表を見ていたら。
心房細動の疑いあり、との記載がありました。
そういえば、今年から、心電図検査があったなぁと思いつつも、心臓関連での要検査だったので、少しびびる。
心房細動ってなんだろう?名称はよく耳にしますが、よくは知らない。
そこで、ごくごく簡単にまとめてみます。

☆心房細動

 ○「高齢者」に多く見られる不整脈です
  ⇒いきなりびびる(´・ω・`)
 ○加齢とともに増加し、70歳代の5%、80歳代の10%程度の割合で起こる比較的起こりやすい不整脈です。
  ⇒さらにびびる(´・ω・`)
 ○日本国内に約130万人いるとされていて、潜在的には200万人を超すともいわれています。
  ⇒わたしはその潜在的な・・・の部類に入ってしまうのでしょうか(´・ω・`)
 ○心房細動をおこすと、脳梗塞のリスクが約5倍になる
  ⇒ただでさえ、血圧高めなのに・・・(´・ω・`)
 ★国立循環器病情報サービスの説明ページがわかりやすかったので紹介です。
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph99.html#m1

 

タイムリーにも、地元の地方紙にも、「男性の1割が心房細動」といった記事の掲載があったので要点だけ記します。

①65歳以上の男性の10人に1人が心房細動と診断されている

(併せて、心房細動は脳梗塞の原因のひとつと紹介あり)

②60歳では7.7%であったが、高齢になるほど、心房細動と診断されるケースが増える

③心房細動の疑いあり、と健診で指摘があってもそのうち4割しか治療を受けていない

④脈の乱れを自覚をしての受診による診断は4割。残りは「健診」と「別の病気で受診」の際に診断されたとのこと

⑤心房細動は脳梗塞にリスクが5倍になる(既出)

 

予防のためには、生活スタイルにあった抗凝固薬を選択し、生涯服用することが理想的ある

。。。と結ばれていました。(いろいろと耳がいたいところです)

 - まとめ, 未分類, メモ・備忘録, 医療・健康・福祉