短期入院中に役に立ったもの。退院後のまとめ(そのⅡ・個人的に捗ったもの編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 短期入院中に役に立ったもの。退院後のまとめ(そのⅡ・個人的に捗ったもの編)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
短期入院中に役に立ったもの。退院後のまとめ(そのⅡ・個人的に捗ったもの編)jun-style ~Memorandam of society~

短期入院中に捗ったもの・役に立ったもののまとめ(そのⅡ・個人的に捗ったもの編)

長くなりすぎたので、分割し、個人的に捗ったものをまとめたページになります。より主観的な意見が強くなっていますが、少しでも参考なりましたら幸いです(´・ω・‘)

こちらのページの続きになります

短期入院中に役に立ったもの。退院後のまとめ(そのⅠ・病院指定の準備物編)

 

個人的に便利だったもの・捗ったものⅡ(娯楽・自己啓発編)

イヤーマフ

 音に対する耐性に不安な方は準備したいもの。私にとっては必須です。ものにもよりますが、耳栓と併用すると完璧な静寂が期待できます。

タブレット(個室であればパソコンも

病院によっては禁止となっているところも多いようで、私の病院でも「入院の手引き」では禁止のような記載がありました。またロビーなどにも「携帯電話は通信機能により医療機器に影響を及ぼすためご遠慮ください」という注意書きがありました。

…ならダメかなと思い、隠れて使うのも嫌なのでダメもとで入院時にお世話してくれた看護師に「病室でスマホとか使ってもいいものですか?」などとお尋ねしてみると…

スマホ?タブレット?ぜんぜんOKですよ(笑)

・・・でした。だったら、禁止とか書かんでよ(´・ω・`)と心の中で全力で突っ込みました。

書籍(※興味はあるけど普段なかなか手が付けれないもの)

 タブレットが使用できない場合は読書三昧と決め込んでいたのですが、タブレットOKだったので複雑でしたが、せっかく持っていったのでゆっくり読書もしました。暇つぶしのためのツールはいくつあってもよいものです。

筆ペン&万年筆

 タブレットが使用できない場合の暇つぶしツールその2だったのですが、タブレットが使用できることがわかり微妙でした。でも、せっかく持ってきたので、字の練習もたくさんしてみました。私の場合は「字を綺麗に」ということを思いつきましたが、かさばらない自己研さんグッズはおススメです。

(番外編)あったらよい等の意見があったものの検証

私は不要だけど、あればよいものとして挙がっていたもの。実際はどうだったか記載してみます。

・テレホンカード →(×)(スマホが普通に使えたのでいらないかな。でも公衆電話はいたるところにありました)
・使い捨てスプーン →(▲)(前述のとおり不要かな。院内に売店等がなければあってもいいかも)
・小さいお盆 →(×) (前述のとおり不要かな、必要な場面がありませんでした)
・テレビ用長めのイヤホン →(▲)(テレビは見ないつもりでしたが多少見ました(甲子園決勝があってたもので(*´ω`)…)。大部屋はイヤホン必須なのであると便利だと思います。イヤホンの延長コードでもよいかもしれません。)
・ドライヤー →(×)(ひとによるかな(;’∀’))
・リンスインシャンプー →(◎)(よいと思いました!準備グッズがひとつでも減らせるのはよいです)
・リップクリーム →(×)(ひとによるかな(;’∀’))
・ハンドクリーム →(×)(ひとによるかな(;’∀’))
・ハンカチ→(×)(ミニタオル、フェイスタオルで代用可)
・毛抜き、眉ばさみ等 →(×) (ひとによるかな(;’∀’))持っていきましたが使いませんでしたね。
・時計(音のならないもの)→(×)あると便利かもですが準備グッズを減らしたい場合は携帯やテレビで代用可だと思います。
・綿棒 →(×) (ひとによるかな(;’∀’))
・生理用品 →(▲)(ひとによるかな(;’∀’))
・爪切り、産毛そりのカミソリ→(×) (ひとによるかな(;’∀’))
・ストロー →(◎)(いらないと思っていましたが、手術後はストロー付きペットボトルの蓋に助けられました
・まごの手→(×) (ひとによるかな(;’∀’))

最後に

何が役に立つのか、それはライフスタイルで全然変わってくるもので、その内容は間違いなく千差万別です。だからこそいろいろな意見を見る中で、本当に必要なものが見えてくるものです(ということを再確認しました)。

今回の記事はあくまで私の主観によるまとめなのですが、私が必要だと感じたものは、ほかの人からするとそうでないものだとしても、選択肢として挙げた物を検討し、取捨してもらうことでより万全となると思います。そのために役立ててもらえたらと思います。

とにもかくにも、入院生活が苦痛なものとならないように備えて、一日も早い退院を目指したいものですよね。
退院して思ったことは、どんなに快適な病院生活が送れたとしても、やっぱり我が家が一番ということです。

普段の生活のありがたさ、何気ない日常の大切さを改めて感じることができるのは収穫だったかもしれません。
改めて一日、一日を大事に生きていきたいと思いました。お互い頑張りましょうね♪

看護師さんの画像はぱくたそさんよりお借りしました。モデルは茜さやさんです(*´ω`)

退院後は…お見舞いのお礼が大変ですよね。
よろしければご参考ください。

お礼状 [礼状、見舞い返礼、快気祝い、一筆箋] 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。