救急医療医療体制の区分について(一次救急、二次救急、三次救急) | jun-style (お仕事備忘録)

救急医療医療体制の区分について(一次救急、二次救急、三次救急)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 救急医療医療体制の区分について(一次救急、二次救急、三次救急)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
救急医療医療体制の区分について(一次救急、二次救急、三次救急)jun-style (お仕事備忘録)

一次救急

救急医療において、急患の患者を三つに区分しており、その中で最も軽症な患者や、その患者を扱う医療機関を一次救急という。初期救急ともいう。具体的には、入院を必要としない患者を対象。
入院の必要がなく、外来での対処が可能な患者に施す治療。またその処置を行う医療機関。
軽度の怪我、かぜといった比較的軽症な患者が対象となる。
救急医療体制の一環として、休日急患診療所や休日夜間急患センター、在宅当番医が担当する。

二次救急

救急医療において、急患の患者を三つに区分しており、その中で、入院と手術が必要だが緊急度が低い患者や、その患者を扱う医療機関を二次救急という。
このような患者は、救急車により救急センターなどの医療機関へと運ばれることになる。

入院を必要とする患者への処置を行う医療機関。またそこで行われる治療のことをいう。
入院と手術が必要な、例えば、肺炎や脳炎、虫垂炎といった症状の患者が対象となる。
救急医療体制の一環として、一般の総合病院や国公立病院などの救急指定病院が輪番制で休日・夜間の治療にあたる。

三次救急

救急医療において、急患の患者を三つに区分しており、その中で、緊急入院と緊急手術が必要な重篤な患者や、その患者を扱う医療機関を三次救急という。
このような患者は、救急車により「救命救急センター」などの医療機関へと運ばれることになる。

二次救急医療機関では対応できない重篤な患者(心筋梗塞、脳卒中、大やけどなど)に対し、複数診療科にわたる高度な医療を提供する医療機関。またそこで施される医療をいう。
救急医療体制の一環として、救命救急センターや総合周産期母子医療センターなどが対応にあたる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする