jun-style (お仕事備忘録)

事務員の備忘録、メモ。仕事において役に立つと思ったこと、気になったこと、とりとめもないことを無作為に記しています(´・ω・`)

ご多忙中。お忙しい中。。。ビジネス文書

      2014/08/25

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ご多忙中。お忙しい中。。。ビジネス文書
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ご多忙中。お忙しい中。。。ビジネス文書jun-style (お仕事備忘録)

毎回同じ言い回しばかりになりがちなビジネス文書の定例句のなかで。
依頼文においては、ほぼ毎回、必ず使用するであろう「お忙しいところにすみません・・・」の台詞(ex:ご多忙、お忙しいところ)」。
いろんな言い回しがあるもので、起案の際に、ちょっと気になったので。簡単に(ご多忙、お忙しいところ)の言い回しを列挙してみました。

ご多忙中、お手数をおかけしますが

 丁寧な感じです。お忙しいのに、手を煩わせてしまいまってすみません、というニュアンスをが伝わってよいですね。

ご多用中のところ誠に恐縮ですが

 上司・取引先などには有効な言い回しだと思います。恐縮という言葉はつかう相手を選びますよね。

ご多用中恐縮でございますが

 こちらも同じような感じですが短縮形。ちょっと急いでますよのアピールができるかもしれないのですが、わたしは語呂が悪いのであまりにつかわないですね(*´ω`)

ご多忙のところ大変恐縮ですが

 どうせ丁寧にいうなら、「大変恐縮」より、「誠に恐縮」のほうが恐縮具合が伝わるかな。

ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが

 恐縮な様をお伝えするのに最上級のような言い回しですね(*´ω`)

ご多忙のところ、お手数をおかけしますが

 同等の立場の方あたりにはこのあたりでよいかなという感じの言い回しですね。無難なのでもっとも多様しそうないいまわし(*´ω`)

ご多忙中とは存じますが

 わたしの場合は、こちらがクライアントの場合。例えばお願いしているのになかなか対応していただけない、少し強めにお願いしとこう。。ってときに使いそうな言い回しですね。

お忙しい中

 ここまで短縮しても成り立つものですが、わたしはこれだけではまず使わないですね。
 でも、先方様からはたまにあるもので、それはそれである意味すごいなあと感心したりします(*´ω`)

と言った感じで、同じ意味でも、パターンはいくつかありますよね。

いろんな言い回しはありますが、わたしは。

「ご多忙中、誠に恐れ入りますが」(外部向け) 「ご多忙のところ、お手数をおかけいたしますが」(役員、やや距離の近い外部向け)

を使うことが多いですね。
「誠に恐れ入りますが」って。すごく謙っている(へりくだっている)気がしませんか?

※参考 ご多忙中にも関わらず 読み方:ごたぼうちゅうにもかかわらず 相手が依頼した物事を実施してくれた際に、相手の忙しい身を念頭において礼を述べる表現。「忙しい中」をより丁寧に言う表現。

※注意 「ご足労」や「ご苦労」 など「労」が入る言葉は、基本的に格下に使う言葉です。 先輩・上司、顧客等に使用すると失礼に当りかねないとのこと。

まに、後輩にそんな言葉をかけられますが、なにも知らずに使っているのか、、、それとも。。。意図的???

。。かどうかはともかく、役員やら上司には使わないように心がけたいものです。 ※(13/04/23・14/08/22一部修正)

 

姉妹サイト

拙いサイトですが、文例等をテーマにした別サイトがございますのでご案内です。

バナー用画像 ビジネス文書クリップ

併せてご覧になっていただけたらうれしく思います(*´ω`)

 - メモ・備忘録 ,