【メモ】CPI | jun-style (お仕事備忘録)

【メモ】CPI

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【メモ】CPI
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
【メモ】CPIjun-style (お仕事備忘録)

地域歯周病疾患指数(Community   Periodontal    Index → 「CPI」 ) 地域歯周疾患指数CPI(地域歯周病指数、CP)のメリット(利点)としては、集団の歯周病の状態を簡単に調査できて、 再現性が高いという点。

歯周病に関する指数の一つ。1982年WHOFDIと作成した地域歯周疾患処置必要度指数 ( Community Periodontal Index of Treatment Needs:CPITN ) を改変することで、1997年に作られた。

専用の探針(プローブ)を用いて、歯肉出血・歯周ポケット・歯石の3指標により、コード0~4の5段階で評価する。

コード0:健全 (病的所見を認めない)
コード1:出血 (ブロービング後に出血がある)
コード2:歯石沈着
コード3:浅い歯周ポケット
コード4:深い歯周ポケット 口腔内の一部の歯(代表歯)を診査する場合が一般的で、診査した歯の最高コードを個人の代表値とする方法と各コードの部位数で評価する方法がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする