飲酒運転についてのまとめ | jun-style (お仕事備忘録)

飲酒運転についてのまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 飲酒運転についてのまとめ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
飲酒運転についてのまとめjun-style (お仕事備忘録)

アルコールを摂取して、どれくらいで回復するものなのでしょうか?

少なくとも、検問があってもアルコールが検知されない程度に回復するのはどれくらいの目安か知りたいものですが、体質にもよるでしょうし、アルコールチェッカーでは不安なものです。

その日少しでも飲んでしまったらもう車の運転をしない、というくらい徹底すればよいものですがなかなかそうもいかないものです。

そこで、もし、検問等で取り締りを受けた場合、どのようなことになるのかちょっとまとめてみました。これらを知ることで、より用心するようになるものと思います。自戒をこめてここに記してみます。

○酒酔い運転と酒気帯び運転

○道路交通法の飲酒運転の処分・罰則(表を掲載する)

飲酒運転の取り締まりを受けた際、点数に応じて免停・免許取消しなどの処罰を受けることになります。

基準値

違反点数

免許

酒酔い運転

特に基準はない

25点

免許取消 2年間免許取得できない

酒気帯び運転

呼気中アルコール濃度
0.15mg以上

6点

免許停止30日

呼気中アルコール濃度
0.25mg以上

13点

免許停止90日

道路交通法違反による罰金や自動車運転過失致死罪などの刑罰を受けることになります。

基準値

刑罰

酒気帯び運転

呼気中アルコール濃度
0.15 mg以上

1年以下の懲役又は、30万円以下の罰金

呼気中アルコール濃度
0.25 mg以上

酒酔い運転

酒に酔った状態で運転が
困難だと思われる状態

3年以下の懲役又は、50万円以下の罰金

自動車運転
過失致死傷罪

飲酒運転で人を死傷させた

7年以下の懲役若しくは禁錮又は
100円以下の罰金

危険運転致死傷罪

飲酒運転で人を死傷させた

怪我の場合

15年以下の懲役
死亡させた場合

1年以上20年以下の懲役

○飲酒を勧めた人も共犯に〔飲酒運転幇助〕

飲酒運転の幇助(ほうじょ)。最近ニュース等でもよく耳にします。

飲酒運転の幇助は罪意識の低いものとなりそうですが、私たちも理解しておかないと大変なことになる可能性があると思います。

(幇助…犯罪者の犯行を助長する行為)

①飲酒運転をするおそれがある者に、車両を提供すること

②飲酒運転をするおそれがある者に、お酒を提供すること、又は飲酒を勧めること

③運転者が飲酒していることを知りながら、運転者に対して、車両を運転して自己を運送することを要求・依頼して、同乗すること

②が最も怖いところですね。嘘をつかれたらそれまでですし。

飲酒運転をした本人が一番悪いところでしょうが、例えば「車で来てない」と嘘をついており、それを信じた友人がお酒を進めた場合、飲酒運転をした本人が捕まってしまった場合、友人に酒を勧められたなどと発言した場合はどうなるのでしょうか。事前のやり取りなどを証明できればよいですが言った言わないともめそうで嫌ですね。

また、お酒を提供したのがお店であっても、車で来ていることを知りながらお酒を提供したのでない限り、罪に問われることはないとのことです。

車両の提供
(運転者と同じ刑罰)

運転者が酒酔い運転

5以下の懲役又は
100万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転

3以下の懲役又は
50万円以下の罰金

酒類の提供

車両に同乗

運転者が酒酔い運転

3以下の懲役又は
50万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転

2以下の懲役又は
30万円以下の罰金

○悲惨な事故例(記事より。福岡市職員。駐車場移動で御用)

福岡海の中道大橋飲酒運転事故(wikipediaにも掲載されているほどの事故)

福岡海の中道大橋飲酒運転事故(ふくおかうみのなかみちおおはしいんしゅうんてんじこ)とは、2006年8月25日に福岡市東区の海の中道大橋で、飲酒運転をしていた当時福岡市職員の男性の乗用車に、市内在住の会社員の乗用車が追突されて博多湾に転落し、会社員の車に同乗していた3児が死亡した事故。

福島県いわき市の県出先機関に勤務する30歳代の男性職員が酒気帯び状態で私有車を運転した問題で、県は3日、男性職員を停職6カ月の懲戒処分にした。県によると、男性は略式起訴され、7月12日に罰金30万円の略式命令を受けた。男性職員は1月31日午前1時10分ごろ、須賀川市の自宅駐車場に止めていた車の位置を直そうと酒気帯び状態で2、3メートル運転した

2chまとめ⇒http://mazitenshi.livedoor.biz/archives/51500575.html

自動車運転過失致死傷罪

飲酒運転中に不注意で事故を起こしたら。しかも人身事故だったら。

自動車運転中の過失で人身事故を起こしたとき、以前は業務上過失致死傷罪(最高刑が懲役5年)に問われていましたが、法律の新設により、業務上過失致死傷罪なく、自動車運転過失致死傷罪(最高刑は懲役7年)で裁かれます。

危険運転致死傷罪

事故を起こした場合に危険運転致死傷罪になるもの

・アルコールや薬物の影響により正常な運転が困難な状態であった

・コントロールできないほどのスピードを出していた

・運転する技能を持っていなかった

(単なる無免許ではなく、運転のしかたをまったく知らない場合などです)

・意図的に割り込みやあおり運転などをし、危険なスピードを出していた

・赤信号を無視し、重大な危険を生じさせるほどのスピードを出していた

自動車運転過失致死傷罪が
適用されると

危険運転致死傷罪が
適用されると

飲酒運転で事故を起こし、
人を負傷させた場合

7年以下の懲役もしくは禁固
又は100万円以下の罰金

(2001年新設)
10年以下の懲役

(2004年改正)15年以下の懲役

飲酒運転で事故を起こし、
人を死亡させた場合

(2001年新設)
1年以上15年以下の懲役

(2004年改正)
1年以上20年以下の懲役

【危険運転致死傷罪の問題点】

自動車運転過失致死傷と危険運転致死傷は線引きが曖昧で。

裁判の争点にもなり、遺族の悲痛の種にもなるところだと思います。

その曖昧な部分の原因のひとつは、危険運転致死傷罪の適用要件である、正常な運転が困難な状態という立証が難しいところがあげられるかと思います。

また、測定時の呼気アルコール濃度や、目撃者の証言をはじめ、事故の初期捜査がきちんと行なわれたかによって、罪状や量刑がまったく違ってしまう可能性もあります。

さらには、一旦逃げたりし時間を稼いだことにより、アルコール濃度が低下し、または体内からアルコールが抜けてから自首したり逮捕されたりしたドライバーが、危険運転致死傷罪(最高刑懲役20 年)の適用を逃れてしまう事例も考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする